栃木県産菊芋は健康食品として様々な商品に活用中!天然のインスリンと言われる理由

菊芋には様々な健康パワーがあるとされていますが、なかでも最も期待されるのがインスリン様の効果です。生活習慣病の一つである糖尿病は、血糖値のコントロールにインスリンの質や量が大きく関わってきます。

菊芋はインスリン様の効果が期待され「天然のインスリン」とも呼ばれており健康食品としても注目を集めているのです。こちらでは、菊芋が天然のインスリンと言われる理由についてご紹介いたします。栃木県産菊芋を使った商品をお求めの方は、ぜひご覧ください。

菊芋が天然のインスリンと言われる理由

お椀に入った菊芋

糖尿病の治療に、血糖値をコントロールするため、インスリン療法を行っている方が少なくありません。ただし、インスリン療法には苦痛や制約が伴い、副作用の心配もあります。糖尿病の治療が進まないのは、食事療法や運動療法の難しさにあります、長年の生活習慣を改め持続していくのは、挫折してしまうこともあり、思うような結果が得られないようです。

そこで注目されているのが、食材を見直すことで血糖値のコントロールがしやすくなる菊芋の活用です。菊芋は「天然のインスリン」といわれ、血糖値のコントロール効果が期待される植物です。

こちらでは、菊芋がなぜ天然のインスリンといわれるのかをご紹介いたします。

糖尿病発症の原因

日本人に多い2型糖尿病は、正常に機能するインスリンが不足し、血液中に糖が蔓延することで発症します。インスリンの分泌量の低下や抵抗が起こる原因には、過食や高脂肪食、運動不足などがあります。

なかでも主食であるごはんやパン、麺類などの炭水化物はインスリンの仕事が大きく関わってきます。炭水化物は消化の過程で、ブドウ糖に分解されます。小腸から吸収され、インスリンによって細胞に取り込まれて、エネルギーへと変換されます。

血液中の糖が増えた状態が続くと、インスリンが過剰に分泌され、遂にはインスリンが足りなくなり、糖尿病になってしまうというわけです。

菊芋の主成分「イヌリン」の働き

菊芋の主成分であるイヌリンとは、ゴボウやにんにく、玉ねぎなどにも含まれる、水溶性食物繊維に分類されます。人の持つ消化酵素では消化されません。

体内でゲル状化し、腸壁を覆って糖の腸への吸収を妨げる働きがあり、血糖値の上昇を抑えます。

他にもイヌリンは、腸内細菌によってインスリンの分泌を促す物質になったり、さらに善玉菌のエサにもなります。腸内細菌のバランスが正常化し、腸内フローラが整えられると、インスリンが分泌されるすい臓にも良い影響を及ぼすことが分かってきました。イヌリンは間接的に、インスリンの分泌を促し、血糖のコントロールがしやすい体内環境を作るのです。

菊芋が「天然のインスリン」と呼ばれるのは、主成分であるイヌリンの働きが大きいことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

菊芋にはイヌリンだけではなく、ミネラルやビタミン、ポリフェノールなど、糖尿病を予防するとされる成分が含まれており、総合的な観点からも、菊芋が天然のインスリンと呼ばれることに納得がいくのです。

糖尿病になると疲労感が増す、喉が渇く、肌が乾燥してかゆい、頻尿になる、目がかすむなどの症状がゆっくりとあらわれます。体からなんらかのサインを受け取ったら、血糖値のコントロールを意識してみるのもよいでしょう。

栃木県産の菊芋で血糖値の上昇を抑えたい!とお考えでしたら、菊芋食の研究所 菊ののをお役立てください。健康食品にも用いられている注目食材「菊芋」のことがもっと分かる「菊のの通信」はこちらからご覧いただけます。

栃木県産菊芋は健康食品にも活用されている注目食材!菊芋商品多数

手の上にある電球

栃木県産菊芋をお求めなら、毎日の食事に取り入れやすい商品をご用意している菊芋食の研究所 菊ののの通販をご利用ください。菊芋には血糖値の上昇を抑える天然のインスリン効果が期待されています。そのため、数多くの健康食品にも活用されている注目食材です。

菊芋食の研究所 菊ののでは、栃木県産菊芋にこだわった生の菊芋以外にも様々な商品を多数取り扱っております。血糖値のコントロールをお考えの方は、ぜひ毎日の食事に栃木県産菊芋をプラスすることをおすすめします。

栃木県産の菊芋をお求めなら菊芋食の研究所 菊のの

会社名 株式会社アルファイン
代表取締役 中山 しげ子
創業 2006年7月
設立 2012年3月6日
資本金 640万円
事業内容 菊芋・大豆の商品開発、販売及び卸売
住所 〒324-0614 栃木県那須郡那珂川町久那瀬527
TEL 0287-92-1000
FAX 0287-83-8700
URL https://kikunono.com