お味噌と菊芋でお腹スッキリ『菊芋の味噌汁』レシピ

調理時間 15分

菊芋の主成分であるイヌリン(水溶性食物繊維)は、乳酸期のエサになるので、腸内の善玉菌を増やす効果があります。腸内フローラが美しいと、免疫力を上げたりお肌の調子を上げたりと、カラダも美しくなるようです。お味噌の腸内効果は既に広く認知されてますが、菊芋を追加することで、更に美腸効果が高まるので、菊芋を入れたお味噌汁は習慣にしたいですね。お味噌汁に菊芋を入れるだけのレシピですみません。

◆材料(2人分)

菊芋 50g
お好み具材 好きなだけ
だし汁(普段使いのだし汁でOK) 350㎖
味噌 大さじ2

作り方

    1.  菊芋は、調理の直前にタワシなどで良く洗い、食べやすい大きさに切ります。
    2.  他の具材を用意します。
    3.  鍋にだし汁と菊芋を入れて沸騰させます(他の具材はそれぞれベストタイミングで入れてください)。
    4.  火を止めてお味噌を溶かしいれて出来上がりです。

     

     

    attention
    菊芋は摂りすぎるとお腹が緩くなることがあります。ご自身の体調に合わせ、摂取量の調整をお願いいたします。