ほんのり甘みが懐かしい!菊芋で糖質対策『ナポリタン』レシピ

調理時間 20分

 

パスタは小麦粉が原料の血糖値の上がりやすい食品です。最近は「低糖質」を謳ったパスタが店頭で見受けられるようになりましたが、いつも食べているお気に入りのパスタも菊芋シュガーを加えることで、糖の吸収を抑えることが期待できます。どこか懐かしい甘みのあるナポリタンで、休日のランチに食べたくなります。途中、タバスコやペッパーで大人味に変えて楽しんでみてください。

材料(2人分)

スパゲティ…150g
ソーセージ…2本 ★斜め薄切りにします
エリンギ…1/2本 ★短冊切りにします
玉ねぎ…1/2個 ★薄切りにします
人参…1/4 ★薄い短冊切りにします
ピーマン…1個 ★縦2つに半分に切ったら横にして薄切りにします
オリーブオイル…大さじ1
バター…10g
<調味料>
 菊芋シュガー…小さじ1
 ケチャップ…大さじ3
 塩・こしょう…お好み

作り方

  1.  スパゲティは袋の指示通りにゆでます。
  2.  フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れて中火で炒めます。
  3.  にソーセージ、エリンギ、人参を加えてしんなりするまで炒めます。
  4.  にケチャップと菊芋シュガーを加えてフツフツしてきたら火を止めます。(スパゲティが茹で上がる前に、ケチャップソースは仕上げておきます)
  5.  茹で上がったスパゲティをに移し、バターとピーマンを加えて絡めながら軽く炒め、塩・コショウで味を整えたら完成です。

菊芋シュガーの代わりに、水で戻した菊芋チップスを具材に使っても、糖の吸収を抑えることができますのでお試しください。

 

 

attention
菊芋は摂りすぎるとお腹が緩くなることがあります。ご自身の体調に合わせ、摂取量の調整をお願いいたします。